クレジットカードのポイント還元率で比較してみてわかったこと

クレカ払い最大の醍醐味。
それはズバリ「ポイント制度」ではないでしょうか。

クレジットカードをショッピングや公共料金の支払などに利用することで貯まるポイントは、いろいろな商品と交換出来たり、ショッピングの時に割引することが出来たりと用途は様々。

毎日の買い物や支払いがお得に楽しくなるポイントの1つです。

ですが、できることなら『より多く・よりお得に』貯めたいと思いませんか?

そこで今回はクレジットカードで貯まる『ポイント』に焦点を当てて、各クレジットカードを徹底的に比較していきたいと思います。

前情報 クレジットカードのポイントはココで見る

クレジットカードごとのポイントの貯まりやすさは、『還元率』で見ることができ、

・A社の還元率は『0.5%』
・B社の還元率は『1.0%』
・C社は1,000円で1ポイント付与
・D社は200円で1ポイント付与

こんな感じで、各カードの詳細に記載されています。

これだけ見てもピンとこない方も多いと思うので、実際に計算してみると下の表に計算することが可能です。

還元率 1,000円分利用した場合 10,000円利用した場合
A社 0.5% 5pt 50pt
B社 1.0% 10pt 100pt
C社 1,000円/1pt 1pt 10pt
D社 200円/1pt 5pt 50pt

こうしてみると、どこが一番ポイントは貯まりやすいかわかりますよね?

つまり、ポイントは『還元率』が何よりも重要となっており、どれくらい貯まりやすいかがよりお得感を感じられる秘訣ともいえます。

ポイントの貯まりやすさでクレジットカードを比較してみた

というわけでここからは、クレジットカードの中でも特にポイントが貯まりやすいクレジットカードをまとめて紹介していきます。

今回は付与率と還元率だけを見て紹介していくので、気になったものがあったら詳しい内容は後で確認していってくださいね。

付与率(基本) 還元率(基本)
Orico Card THE POINT 1.0%~2.0% 1.0%~2.0%
楽天カード 1.0%~3.0% 0.5%~2.0%
Yahoo!Japanカード 1.0%~3.0% 0.5%~3.0%
REXカード 1.25%~1.5% 0.25%~1.25%
リクルートカード 1.0%~3.0% 1.20%~3.20%
JCB CARD W 0.2%~0.3% 1.00%~2.5%
dカード 1.0%~4.0% 1.0%~4.0%
エポスカード 0.5%~2.5% 0.5%~2.5%
イオンカードセレクト 0.5%~1.0% 0.5%~1.33%
セゾンカードインターナショナル 0.1%~0.2% 0.5%~1.0%

こうしてみてもらうとわかりますが、クレジットカードを選ぶときは、ポイントの貯まりやすさだけではなく、ポイントの還元率にも注目しておく必要があります。

いくらポイントが貯まりやすくても、色々なものに還元できなければ、より積極的に使ってポイントを貯めるしか方法はありませんからね…。

つまり、ポイントに強いクレジットカードを選びたいと思っている方は『付与率と還元率のバランス』が取れたものを選ぶようにすると失敗しないと思いますよ。

還元率だけじゃない!ポイント交換のバリエーションもクレカ選びに重要?

またポイント重視のクレジットカードを選ぶときに注意してほしいのが、以下の2つのポイント。

・有効期限
・交換できる商品のバリエーション(特に金券やポイント)

付与率が高く、そして還元率も高いクレジットカード…というよりすべてのクレジットカードに言えることなんですが、基本的にポイントには有効期限が設けられます。

その為、ポイントをガンガン貯めることが出来てもちょっと期間が経つとすぐに消滅…なんてもったいない話が結構多いんですよね。

だからこそポイントの有効期限がどれくらいなのかは見ておく必要があります。

そのうえでポイントを有効活用出来たら、賢く使うことが可能ですよ。

また、クレジットカードの中にはポイント交換ができる商品バリエーションが多いものから、キャッシュバックのみとなっているものまでさまざまあります。

ポイントを有効活用できる点では両方とも魅力的ではありますが、できることなら『いろいろな景品と交換できる』クレジットカードよりも『金券やポイント交換が充実している』クレジットカードがおすすめです。

そうすることで、対象景品を金券等で購入しつつポイントも貯めれる好循環を生み出すことが出来ますよ。

まとめ

ポイントを重視するクレジットカードを選びたい!

そう思うなら、

・ポイントの付与率と還元率のバランス
・ポイントの有効期限が比較的長いもの
・交換できる金券やポイントのバリエーションが多いもの

この3つに注目しておけば、どのクレジットカードを選んでも問題はないと思います。

アナタ自身の日常で使いやすい、かつポイントを効率よく貯めることが出来るクレジットカードを選んで、賢くお得に毎日のお買い物をしちゃいましょう。